「れおっち」のブログ

あなたの毎日に「ちいさな刺激」をお届けします。

あなたの何気ない日常に非日常をお届けするブログという名のキッカケ。

「ブラックな祭り」から得たことー文化の築き方ー

f:id:shizhonglingyang:20211114015736p:plain

 

みなさんこんにちは!「れおっち」です(-ω-)/

 

 

いや、ちょ、まてよ。

「れおっち」ってダレ?何者??って人は

こちらを先にお読みください ↓

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

↓ さらに追加で書いてみたやつ

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

 

さてさて。

 

これはつい1日前、2日前のお話。

 

ツイッター上ではとあるお祭りが

開催されていました。

 

 

それが所謂 

ブラックな祭り」

というやつです。

 

 

これはトゥモローゲート(株)さんが

企業全体でツイッター上を盛り上げている

イベントで、4年前(ちょっと怪しい)から

11月11日に催されてきたものだそうです。

 

 

なんでも、トゥモローゲートさんの

メンバーの方々のツイッターのアイコンは

普段からみなさんモノクロの写真。

 

とある学生(小学生だか高校生だかどっちかは忘れたけれど)がマネをして

(許可を取って)モノクロにしてなにやら

ツイートしていたことがキッカケだった

とか。

(康平さんがスペースで言ってました)

 

それをどうせなら、恒例のイベントにして

みたらオモシロイんじゃね??

ということで、毎年やっているそうで、

つい先日で4回目?くらいだそうです。

 

実にオモシロイ。

 

 

そんでもって、

じゃあなんで11月11日開始なのか???

というお話になるわけですが、

みなさんこの日付で思い浮かぶことって

なにかありませんか???( *´艸`)

 

 

 

そうです!!!

 

 

11月11日は

「ポッキーの日」

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

f:id:shizhonglingyang:20211114004619p:plain

 

 

 

いやぁ、懐かしい!!!

 

中学生とか高校生の頃、

11月11日の11時11分になった途端

授業中であろうが、

友達と話をしている最中だろうが、

なりふり構わず声を大にして

「ポッキィイイイ!!!」と叫んでいた

あの頃が。

 

 

そうです、今でこそ「なんやねんソレ(笑)」

ってな感じですが、

当時のボクらからするとそれはむしろ

叫ばない方が「なんでやねん!」って話で。

 

それはある種の”文化”になっていたのです。

 

 

 

そんな「ポッキーの日」にあえて

被せていくスタンスも個人的には

オモシロイし、好きだなあとつくづく

思うわけですが、

ある意味でそれもまた話題性獲得という

側面もあったのだろうなとも思います。

 

 

 

で、じゃあ具体的に「ブラックな祭り」ではなにをやるんだい??

 

という疑問が浮かんでくるわけなのですが、

康平さんを始めとした

トゥモローゲートさん曰く

「一年に一回くらい炎上だとか、

そういう世間体みたいなものを気にせずに

黒歴史でも、思ってることでもなんでも

好き勝手にツイートしてバカ騒ぎできる日

あってもイイんじゃね??」

というのが意図だそうです。

 

そういう何話してもええんやでっていう

雰囲気を創りたかったそうです。

 

※もちろん誹謗中傷といったことは

抜きにして

 

 

ナルホド。オモシロイ。

 

 

 

実は去年もこの「ブラックな祭り」に

参加している人をちらほら見かけては

いたのでなにやらそのようなものが

あるらしい、くらいには認知していました。

 

しかし、具体的にどんなものなのか??

どんな人たちが主催しているものなのか??

といったことが不明瞭で参加しよう!!

とはならなかったのがホンネでした。

 

 

だけれど、今年は違った。

 

f:id:shizhonglingyang:20211114011910j:plain

↑ 「ブラックなれおっち」としてツイッターのアイコンをチェンジし参加!!!

 

 

主催しているトゥモローゲートさんについて

多少なりとも接点があったり

(※これについては別記事で触れる)

今回は祭りの具体的なルールや

参加の仕方だったりがわかっていたこと、

そしてなによりも主催者の黒幕である

康平さんが僕の中で注目株になていたこと!

 

それらが重なって今年は参加してみることをほんの3日前に決めました。

 

#いや遅ぇえよ

 

 

これに関してはちょっとしくじった

なあ、、、と思っているのですが

まさかの11日(当日)は

10時から24時までバイトだったのと、

12日(お昼過ぎまでが開催期間)は

10時から18時までバイトを

タイムリーに入れてしまっていたので、

祭り自体にはほとんど顔を出すことが

できなかったのが現実。

 

 

とは言え、可能な限り参加して

合計30-40ツイートくらいかな??

 

普段から

割とオープンマインドなれおっちですが

よりオープンな心地でツイートすること

ができました( *´艸`)

 

 

 

いくつか紹介しましたが、ちなみに

一番期間中伸びたのはこれでした↓

 

 

 

 

で、ですよみなさん。

ここからがこの記事の本題に入るわけ

なのですが。

 

#いや、え、まだ入ってなかったのかよ笑

 

 

 

 

このツイートにも書いたのですが、

今回の「ブラックな祭り」から

僕は「文化の可能性」を実感したのです。

 

 

「ポッキーの日」は一部界隈での

”文化”なわけですが、

それこそつい先日の

「ハロウィン」だったり、

これからやってくるであろう

「クリスマス」といった

国民的なイベントは

国を代表とする「文化」なわけです。

 

当然、それは話題性が生まれるし、

話題性ある所にお金の流れも生まれる。

 

もちろん庶民的な視点から見ればそれらは

享受すべき「イベント」であるわけだけれど

企業的な視点から見ればそれらは所謂

”お金稼ぎイベント”なわけです。

 

一見すると、可愛らしい「ポッキーの日」

だってグリコが創り出した

広告戦略の一種なわけで。

 

「土用の丑の日」だって、

平賀源内だっけか?が創り出した

広告戦略だし、なんなら

「バレンタインデー」だってそうだ。

 

#夢を壊すようでスミマセン

 

 

そう考えていくと、ナルホド??

 

今回の「ブラックな祭り」もまた

トゥモローゲートさんからすれば

「集客イベント」だったり、

「知名度アップイベント」の一環なわけでもあるわけです。

 

 

今ある「文化」の裏側には「経済」が

密接に関わっているということです。

 

 

これがイケナイという話ではないの

だけれど、でも心のどこかで

残念と言うか、ツマラナイなあ

と思ってしまう自分がいるのです。

 

「けっ結局金かぁ・・・・」

 

と思ってしまうのです。

 

 

僕の尊敬する西野さんもまた、

「ハロウィン」という国民的イベントに

自身の「プペル」を融合させる戦略を

試みている。

 

僕の中で生まれた新たな問いは

「お金と絡めなければ、ボクらは

”文化”を築けないのだろうか」

ということだった。

 

 

一方で、

逆に言えばトゥモローゲートさんのように

11月という ニッチな

ポイントに新たな文化を創出してしまうことは可能なのだ

という現実味を帯びた可能性に

触れられたのは個人的な収穫だった。

 

僕もまた、死ぬまでに日本に

「自身の『色』なるものを大切にする」

という文化を築いて死ぬ

という野望があるのだった。

 

そこに向けた具体的なアイデアは

フワフワとしたものだったけれど、

今回そこに少しだけ

輪郭を与えられるようになった気がした。

 

 

 

これからも考え続け、そしてなんかしらの アクションを起こしてみようと思う。

 

とりあえず、グーグルカレンダーに

「11月11日から12日は『ブラックな祭り』」

ということを記録して

僕の中の今年の祭りは幕を閉じたのだった。

 

 

 

 

 

 

今日はこの辺で♪

 

 

↓ やっぱりこいつ気になる!!

って人はこちらを。

shizhonglingyang.hatenablog.com

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

 

↓ ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます。

 

↓ れおっちと絡んでみたい方はこちら!(DM下されば必ずお返事します)

 

↓ 質問箱はこちら!誰でも気軽に

(重くても可!)何でも聞いてくださいな♪

peing.net