「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

日本に居ても英語は話せるようになる!!

みなさんこんばんは(-ω-)/ 「れおっち」です!

まずみなさんに謝らせてください。ごめんなさい!

ここ二日間「家族会議」が開かれてちょっとブログ書く時間ありませんでした(*_*)

せっかく毎日記録更新していたのに……笑

これからまた続けていきたいと思います!!

 

はい、では本題に入りたいと思います(^^♪

今日は前回に引き続き、僕が英語の力を伸ばすためにやってきた具体的な方法についてお話させていただければなと思っています!

前にお話しさせていただいたとおり、僕は情コミ学部に属しています。

授業を自分の好きなようにカスタマイズできるわけです。なので、僕は手始めに

「英語」を使う授業をとにかく片っ端からとり機会を意図的に増やしました。

 

具体的に取ったものと、その概要について軽く触れます(*´з`)

 

Speech and Debate → 授業の全てが英語で行われ、前半はスピーチの組み立て方、表現の仕方などを学び授業内に数回クラスメートの前で英語でスピーチをする機会がありました。⇒人前で英語を使うことへの抵抗感がなくなりました。

後半はいくつかのグループ毎に分かれてディベートを行いました。⇒少し難しめのトピックについて英語で考えることの契機となりました。

 

・English Communication → ネイティブの先生による英会話の

授業で、英語の表現や文化などを学び、ペアワークなどでそれを実践する形式の授業でした。

⇒主にリスニング力と日本人が苦手なアクセントなどが鍛えられました。

 

・Global Issues → 世界中で問題となっている差別問題、環境問題、

絶滅危惧種のようなトピックについてネイティブの先生から講義を受け、その後近くの人たちとディスカッションを行うというものでした。

⇒自分の国だけでなく、世界に目を向けることの大切さを学びました。

 

・Critical Writing → いわゆる「パラグラフライティング」と呼ばれる手法をネイティブの先生から英語を通して学び、あるトピックに関して英語の文章を書く。その後、ペアと交換してお互いに英語でコメントやアドバイスをしあって推敲していく。

⇒英語を用いたWriting skillの向上につながりました。

 

他にも取ったものはあるのですが全部載せてもキリがないのでここまでにしますが、

こういった授業を取り積極的に英語を使うようにしました。('ω')ノ

 

これだけでは物足りなかったので学内でできる「英会話教室というものを

お金を払って機会を設けました。月曜から金曜まで空いているコマ(空きコマ)の時間帯に毎日「50分の授業を受けられる」+「ECと呼ばれるフリートークの時間」があるのでそれにできるだけ参加するようにしました。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

(※もちろん自腹です。月一万くらいでした←)

 

さらに!!!最初の半年くらいですかね、「オンライン英会話」といって家でSkypeを用いて1on1で50分間話せる機会をこれまたお金を払って設けていました!

(振り返ってみると我ながら結構英語漬けの日々送ってたのだなあ、

って少し思いました(〃艸〃)ムフッ)

(※もちろん自腹です。月一万くらいでした←)

 

さてここでみなさん疑問に思われたことがあるのではないでしょうか。( *´艸`)

 

「なぜそんなに”お金”を強調して言うのか?」

 

はい、よくぞ聞いて下さりました(*^^*) 

このことに関して大切なことが二つほどあります。

1つ目は

「機会はお金で買える」

ということです。よく耳にするお話で

「やりたいとは思うんだけど、機会がないんだよね笑」

という人がいます。これに関して声を大にして言わせてください。

 

ちゃうわ!

機会は降ってくるものじゃない!

自分で作るものや!!!!

 

はい、これ本当にそうだと思います。機会がなかったからやらないのではなく、それは本当にやる気がないだけです。やる気があって機会がないのならどうにかして機会を自分で作ればいいじゃないですか!そのためならお金を使うことも時には必要なんじゃないかなと思います。

 

もう1つは「時間はお金で買える」ということです。

これは「お金を使うことで時間を節約できる場面もある」という意味です。

例えば、目的地まで徒歩だと1時間かかるけど、タクシーなら20分で着くとします。

前者を選べばお金はかからないかもしれませんが、時間はかかります。この例は極端ではありますが、僕が言いたいのは時には後者を選ぶことも大事ということです。

英会話上達までに独学でできるかもしれませんが、時間は確実にかかります。

そのためなら時にはお金を使うことを厭わない姿勢も大事だなと学びました。

 

今のところ機会を増やす手段として、「英語に関する授業を取る」「英会話を始める」ということを挙げてきましたが、まだまだあります!笑

他には

・英語を使ったボランティアに参加する

・留学生と日本人の交流の場であるサークルに所属

・国連主催のプログラムでタイ、カンボジアベトナムへアクティブラーニング

アメリカのコメディ(フルハウスgleeなど)を英語で視聴

・洋楽を聴く

・TEDを使ってリスニング

・外国の友達と英語を使って電話をして話す

などなど、をやってきました。

(※アツいお話に関しては別記事でそれぞれ取り上げていこうと思います。)

 

こういった活動を一年間とにかく続けて今に至ります( *´艸`)

いまこうやって振り返ってみて思うんです。

入学当時の自分の「英語力」は謙遜とかではなく、本当に自己紹介すらまもならなかったんですね?そんな自分が一年ちょっとで結構変われたんですよ、自分で実感できるレベルで。これはなんでなんだろうって考えると

「環境を自分で作ってきたから」

だと思うんです。いや、本当に。大事なので何度でも言いますよ?笑

特別な力なんていりません!

とにかく環境を作って継続だけしていれば絶対に効果があるとこれは断言できます。

もし読者の皆さんの中に少しでも変わりたい!と思われている方がいらっしゃって、

「なにをすべきかわからない。」という方がいらっしゃいましたら、英語を使う何か何でもいいので機会を作って飛びついて行ってみてください!その繰り返しです。

 

はい、本当に冗長でまとまりがなくて申し訳ないのですがここで今日は筆を置かせていただきたいと思います\(゜ロ\)(/ロ゜)/

また遊びに来てください!!!笑