「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

「れおっち」の恋愛事情④ ~最終回~

 

みなさんこんばんは(-ω-)/ 「れおっち」です!

 いやね、最近記事数も増えてきたので自分で自分の記事を読み返してみたりするわけですよ。

 

「こいつ恋愛の話ばっかりしてるし、惚気まくってるな」

 

というのが率直な感想でした。(〃艸〃)ムフッ

あ、いっけね。このブログ恋愛についてのブログ、じゃなかった。

 

そんな「れおっち」の惚気話も今日で最期を迎えることとなってしまいました……

 

え?「れおっち」諦めるの? Hちゃんのこと諦めるの?

 

いよいよクライマックス編の始まりです(゚д゚)!

 

さて、続きに入っていきたいのですが間が空いてしまったので、正直なところ

僕自身ですらどこまで書いた忘れました!皆さんも覚えているわけないですよね笑

 

ということで↓の方に今までのリンク貼っておくので

良かったら続けて読んでみてくださいね(*´ω`)

 

「れおっち」の恋愛事情① - 「れおっち」のブログ

(この恋に関する導入部分です!)

「れおっち」の恋愛事情② - 「れおっち」のブログ

(具体的なエピソードについて書いてます。)

「れおっち」の恋愛事情③ - 「れおっち」のブログ

(恋と愛の違い?? エピソードも!)

 

いやあの今ものすごくふと思ってしまったのですが、この恋愛話需要あるのか?!

自分で書いておいてなんですが!!笑

僕的にはですね、一応この”国際恋愛”というものを踏まえていろいろ学んだし、

これからも学んでいきたいな!って思ってます。

そこで得られた”刺激”を皆さんにも共有出来たらなー

という思いで書かせていただいています、はい。

(決して、決して惚気たいわけではないですね(__))

 

はい戻りまーす(-ω-)/

フライトの前日の午後。

僕とHちゃん、Aちゃん、Kちゃん一行は「上野動物園」にやってきました!

 

よっしゃあ!パンダ見るぞパンダ!!

 

そう思ってきたのですが、あら大変。

パンダを見るためにDズニーのアトラクション並みの行列ができているではないか!!

いやあーーこれはかなり渋い。。。

上野動物園』において、上野動物園=パンダ 

っていう方程式成り立っちゃっているので、これは非常にマズい!

せっかくHちゃんとAちゃんのことを動物園に連れてきたのにこのままでは

「日本の動物園はショボい」って全世界に発信されてしまう!!!

(※被害妄想強めです)

 

「あ、そ、そういえばさあっちにライオンいるってよ!かっこいいよね!行こうよ( ̄▽ ̄)」((必死))

 

…………。え、いない。

 

なんとライオンさんは食事中だとかでいないではないか!!!

”百獣の王”のいない動物園………。

皆さんライオンってLionって英語で呼んだりしますが、他にも呼び方があるのを

ご存知でしょうか?? 「Leo」っていうんです。

星座の話とかだと特にそう呼びますね!(・∀・)ニヤニヤ

 

え、なぜニヤニヤしだしたかって??

 

この状況を打破する素晴らしいアイデアを思い付いたからですよ(・∀・)ニヤニヤ

 

れおっち「みんな、来て来て!!ライオン(Leo)居た居た!」

みんな「え!!どこどこ!!?」

れおっち「Gruuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuu……」

みんな「???????????????」

れおっち「ほらほら、ここに"Leo"いるじゃーーん?」

Aちゃん・Kちゃん(苦笑)

Hちゃん「(笑)面白いネ!」

 

いやあーー酷い!!笑 いや、本当に酷い。

よくもまあ、”そんな事”できたな自分。って思いますね(笑)

あれですね、「火事場のクソ力」ってやつですね!うん。

とにかくあの状況をどうにかしようと思った結果やっちゃったんでしょうね、きっと。

(※本当はワンチャン面白いんじゃね?くらい思ってましたごめんなさい。)

まあでも、結果オーライでしょう!Hちゃん笑ってくれたし!

他の二人も笑顔作ってくれましたもん!(絶対引いてたやつ←)

Hちゃん素直で可愛すぎかよ。惚れてまうやん!!笑(※すでにベタ惚れ)

 

そんなこんなでなかなか良い写真も撮れず、やっと撮れた写真がこちらです。

 

 

f:id:shizhonglingyang:20180827145748j:plain

f:id:shizhonglingyang:20180827145643j:plain

f:id:shizhonglingyang:20180827145855j:plain

 

 

……………………。

………………………………。

…………………………………鳥のトリオ。

 

なぜだあああああああああああああ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

なぜよりによって君らなんだああ

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

最後の写真ってコンドルだよね??パンダ・ライオンを差し置いてなんか

「我が一番なり」みたいなポーズ取っちゃってるよーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

”コンドルがよろコンドル”ってか???

はは、笑えねえよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

もう希望を見いだせなくなっていたそんな矢先あることに気づきました。

鳥、鳥、鳥、、、。あ、、、!!まだいるやん!!!!

”トリ”を担ってくれる動物!!

 

 

 

そして、みんなを連れてきたのがこの子です!!!

 

 

 

 

 

f:id:shizhonglingyang:20180827151941j:plain

(※写真は全て僕が撮影したものです。)

 

そう!!!!ペンギンちゃんです(≧▽≦)

いやあ、危ない、危ない。”トリ”乱し過ぎて忘れるところでした(笑)

この子達を見るや否や、女の子たちのテンションも上がってくれた様子で

最終的には楽しかった!と言ってくれました(*´з`)ふう

 

見事小さな身体ながら”オオトリ”を飾ってくれたペンギンちゃんたちでした♪

ありがとう!!!

 

時刻は午後の5時を廻っていました。

日も落ちてきてだんだんと暗くなるにつれて、僕の心にも影が差していくようでした。

 

この後一旦みんなでベトナムの留学生たちが泊っている浅草のホテルまでもどることになりました!それにあたってKくんと合流しました。彼も僕と同様にKゼミのメンバーであり、今年の春休み(2月~3月)にタイ・カンボジア・ベトナムへ一か月間共に

学びあった僕の大切な友達です(-ω-)/

(※この海外渡航のお話はアツすぎます!!

今後長期にわたって別記事で触れていくつもりなのでぜひお楽しみに♪)

 

浅草に戻ると「お腹が空いた」という意見が出たので夕食に行くことになりました。

Hちゃんの要望があり『お寿司屋さん』に行くことになりました!!

ベトナムにもお寿司はあるそうなのですが、やはり本場の味は違う!!

と声を大にして言ってくれてました。

そんなHちゃんの大好物は「エビ」だそうで、本当に美味しそうに食べてくれました。

そんな様子を見るだけでもお腹いっぱいになりましたね、はい。(*´ω`)

 

さて浅草のホテルに戻ると、嬉しいことに他のベトナムの子たちと再開することができました!!そこから7人くらいでトランプゲームをしました。

日本にはないベトナムの遊びと香港の遊びを知ることができてとても新鮮でした。

(細かい遊び方とかはいつか触れるかもしれません。)

そしてトランプゲームに付き物なのは………そうです!

罰ゲームですねえ笑

いやあ、これは国とか超えてどこでもある感覚なんでしょうね( ´∀` )

ちなみに敗者は僕とKくんでした………(苦笑)

(ちょっと男子ぃいいいいいい!しっかりしなさいよっもうっ!!)

 

そして気になるのは『罰ゲーム』の内容なわけですが…。

いやあ、流石女子!!容赦ないですねえ!(笑)

「True or Action」ってご存知ですか?

(「True or False」だろって感じなのですが、違うらしいです笑)

「質問されたことに対する真実を包み隠さずいう or 言われたことを実際にやるか」

という恐ろしいものだったのですが、僕は2回、Kくんは1回ずつ負けたのでその数だけこれをやらなければなりませんでした。。。。。

 

まずは罰ゲーム一回のKくんからでした。

KくんにはHちゃんから”指令”が出されました。

「Kちゃんに『好きだよ』とささやいてください。」

ニヤニヤがとまらない周り。ん~こういうの好きだわあ笑

(※他人のを見ている分には。)

 

Kくん「K、好きだよ」←少し照れてましたね、うん。

 

テンションを上げる女子一同。(次何て言われるんだろう、こわ。)

そして僕の番がやってきました。ドキドキ(〃艸〃)ムフッ

まず一つ目。僕への”指令”は先ほど告白された(笑)Kちゃんからでした。

 

Kちゃん「Hちゃんに~」 ←すみません~この人”確信犯”です~

れおっち(はいはい、でたでた。)

Kちゃん「愛の告白をして下さい~(・∀・)ニヤニヤ」

れおっち(うわーこれ複雑なやつやー笑 罰ゲームってか普通にそうなんだよなあ。

かといってこんな場でガチの雰囲気出して言いたくないしなあ、よし。)

 

れおっち「H、好きだ」←ガッチガッチかなりガチトーンで言ってしまいました。

Hちゃん「え(笑)」

このやり取りを見て楽しむ聴衆ども。あぁいいさ、もっと楽しめ!笑

 

そして二つ目。正直こっちの方が怖かったですね笑

一つ目は予想通り過ぎたので!(*´з`)

 

Kちゃん「Hちゃんにキ…」

れおっち(いや、そらあかん!いや、俺的にはあかんくないけど!あかん!!)

Kちゃん「Hちゃんを10秒間抱きしめてください!」

(お、何を思ったのか踏みとどまったぞ?良かったー!←本当は少し期待してたやつ)

 

こうして僕の「天国ゲ…」ゴホゴホ、『罰ゲーム』は幕を閉じたのであった。

 

そしてその時は来た。

 

そろそろ帰るか、という雰囲気が流れ出しました。

実は昼間の動物園の時点で僕はHちゃんに今日の夜二人で少し話せないか、と言ったことを持ちかけていました。現時点の気持ちを直接伝えたいと考えていたからです。

今考えると分かる気がするのですが、Hちゃんはこの事を察していたんだなと思います。上手いこと話を逸らされてしまい時間を作ることができませんでした。

ホテルから出たときにAちゃんとHちゃんが駅まで見送ってくれることになりました。

ここで他のみんなとはお別れでした。言いたいことはたくさんあったし、もっと話したかったけど「ありがとう」と一言だけ伝えてお別れしました。

 

ホテルを離れる直前に「今しかない」と思った僕は、Hちゃんを呼んで前日に書いた自分の想いを込めた色紙を渡しました。しかし、本来伝えようとしていた言葉を伝えることはできませんでした。

ただ、嬉しいことに僕が渡すと同時にHちゃんも僕にプレゼントを用意してくれていました。この時は中身は見ませんでした。

 

道中「自分はこれからどうするのか、どう向き合っていくのか、このまま終わらせるのか」とにかく色んなことで頭の中をフル回転させていました。

すると突然、Hちゃんに手をぎゅっと握られました。

おそらくよほど哀しい顔をしていたんでしょうね(笑)

それともHちゃんも少しは僕と同じ気持ちになってくれていたのでしょうか。

正直昼間のことがあったのでよくわかりませんでした。

 

そして浅草の「浅草寺」の前で最後に写真を撮ってもらいました。その写真は本当に僕にとってとても大切な瞬間を収めたものとなりました。👇

 

f:id:shizhonglingyang:20180909201332j:plain

 

 

こうして別れを告げて帰路に立ちました。

 

電車の中で僕が考えていたことはHちゃんに対する気持ちについてです。

正直言ってしまえば、「さっさと諦めたかった」ですね。

その方が楽ですし、考えなくていいし。

だって、無理じゃないですか!正直。仮にHちゃんが僕のことを少しでも想ってくれているとして、どうするんですか?明日ベトナムに帰ってしまうんですよ。

9月に日本に留学に来ると言っても、

新幹線・飛行機を使わないと会えない場所にです。

その一年が終わってしまえばベトナムにまた戻ってしまうわけです。

言語の問題だってありますよ。日本語を話せるとは言え、日本人ほどじゃありませんし、僕に関してはベトナム語なんてさっぱりわかりません。

唯一の懸け橋となる「英語」だってもちろん完璧なわけじゃありません。

文化も違うということは、価値観も違う部分があるということです。

とにかくそこには考えきれないほどの”壁”があるように思わざるを得ませんでした。

 

そんなことを考えながら家に着き、先ほどHちゃんからもらったプレゼントをさっそく開けてみました。中には”ノート”とメッセージが添えられていました。

 

立山の博物館で色々話を聞いているとき、れおっちは熱心にメモをしていたね。

このノートを使って勉強をしてくれると嬉しいです。そして私をたまに思い出してください。」

 

これを読んだ時自分の中で悩んでいたものがすべて吹っ飛んだのがわかりました。

そして外に飛び出して気づけばHちゃんに電話していました。

Hちゃんにさっき伝えられなかった想いを伝えたい、そう思いました。

 

「H、あなたのことが好きです。まだ知り合ったばかりなのはわかってるし、お互いに分かり合うまでいっていない。でも、だからこそもっと知り合っていきたいと思う。」

そう、想っていることをストレートに伝えました。

Hちゃんにもその気持ちだけは伝わったような感じがしました。

思うんです。確かに壁はあるかもしれないし、それを乗り越えることも楽じゃない。

でもそれが問題なんかじゃない。

その壁を理由に自分の気持ちに嘘をつくことが”問題”なんです。

目の前の壁を理由に逃げ道を作っているだけ。それは問題の根本解決にはならない。

この先自分の気持ちをHちゃんがどう受け止めてくれるかもわからないし、全く相手をされなくなるかもしれない。それは仕方のないことだし、かと言ってそのために捧げた時間が無駄になるとは思わない。それは壁と向き合った時間であるから。

逆に自分の気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。それも仕方ない。

気持ちに嘘をついて時間を捧げること、それは無駄になってしまう。

だって気持ちが冷めた瞬間からその壁はなくなるから。

でも、少なくとも今はその気持ちがあるし、壁もちゃんと見えている。

これからはその壁と僕との長期決戦だし、どこまで続くかも、どちらが勝つかもわからない。

ただ一つ言えることはその壁に打ち克った時、僕は今より何倍も、何十倍も大きくなれているんだと思う。

だから僕はこの恋をとことん突き詰めていきたい、そう思いました。

 

次の日、みんなのフライトを見送りに言った僕の心は心なしか半分曇ったような、

でも半分晴れたような、そんな心模様でした。その証拠に絶対泣くと思っていた別れの瞬間も悲しさはあったものの泣きませんでした。そこには、おそらくそれまでは

”お別れ”の瞬間だと思っていたのに対して、

”また会うぞ”という気持ちが芽生え始めていたからだと思います。

 

Hちゃんが最後に僕に言いました。

 

「また会おうね。だから笑ってね。」

 

その言葉はまるで僕の気持ちが伝わっているかのような言葉で僕の中にスッとはいってきたのでした。

 

「うん。また会おう!」

 

こうして短いようだったが、濃い一か月が幕を閉じたのでした。

 

 

~THE END~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っってなると思いましたか???!!!!

 

終わらせるわけないじゃないですか!!!!笑

むしろこれからが始まりですから笑笑

これHポッターで言ったら、Vモート卿が復活したところらへんですからね??!

今終わったら世界滅びちゃうから!!終わりません!!!

 

実際に今はそれからそこそこ物語が進んできたのでまたおいおい書いていきたいと思います。一旦しばらく休憩しますが笑

ということで次章もお楽しみに(〃艸〃)ムフッ

 

ここまでながーーい文章を読んでいただき本当にありがとうございます!!

 

 (※タイトルに最終回とありますがうっそぴょ~ん( *´艸`))

 

 

れおっち (@REWATCH0809) on Twitter

Twitterアカウントもフォローよろしくお願いします(*´з`)

 

 👇ポチッと登録よろしくお願いします(゚д゚)!