「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

映画レビュー②「最高の人生のつくり方」

みなさんこんにちは!「れおっち」です(-ω-)/

 

今回も前回に引き続き「映画レビュー」していきたいと思います♪

コロナでお家にいることも増えてきている

今だからこそ、逆にそれをいい機会だと

思って「映画」から様々な気付きを得てみるのもいいと思います(*^^*)

 

さて、本日紹介する映画は

こちら!!デデンっ!!

 

「最高の人生の

つくり方」

 

(2014年の映画で、だいたい90分程度

です!)

 

僕がこの映画に魅かれた理由の一つが

タイトルの「つくり方」という部分。

「見つけ方」ではなく「つくり方」。

「見つけ方」だと、「人生」っていうものの意義がどこかにあることが前提なような気が

するんですよね。

「探し物をしているんですよねー」

→これってその対象があることが前提にあるわけじゃないですか。

 

でも、僕は「人生」言い換えるなら

「人生の意義」はもともと存在するものではないって思うんです。

ないからこそ、自分でつくっていくし、

つくっていけるんだと思うんです。

 

伝わるかなあ。

 

あーこんな説明はどうだろう??

この違いって「運命論」に関係してるかも!

 

「見つける」というあり方は、自分の運命はもとから決まっていて

それを「探し出そう」とするイメージ。

一方で、「つくる」というあり方は、

運命なんてものはなくて

ゼロからそれを自らの手で築き上げていく

イメージ。

 

自分の人生は自分の手でいつからでも、

例外なく、変えていける!!!

僕はそう思うのでこの映画のタイトルに

魅かれたんだなあって思います( *´艸`)

 

 

僕がこの映画を観ていて思ったことを

いくつか挙げます。

 

〇他人の子供を無条件で

愛せるってなんでなんだろう

 

 

これって誰にでもできることじゃないと

思うんですよね。

 

みなさんだったら、知り合いに急に

 

「ごめん!半年だけでいい

から自分の子の面倒見て

もらえないかな??もちろんお金は払うから!!!」

 

こんなって言われたらどうしますか??(笑)

僕だったら、「えーーーー。。。。。」ってなっちゃうと思います。

それがたとえ、親しい友人の子だった

としても。

 

 

 

〇人は自分にとって大切な人を失ってしまうと感情を

失ってしまって、人を愛せ

なくなってしまう

 

 

主人公は大切な奥さんを10年前にガンで

失くしてしまいました。

そのせいか、近所の人々に対していつも

意地悪なことを言ったりして、

周囲の人に嫌われていました。

 

そんな彼に隣人は言います。

 

「あなたって本当に思いやりがない人ね!」

 

それでも、彼は欠かさずに奥さんのお墓参りには何度も何度も言っているようでした。

つまり、奥さんに対する「愛」は存在して

いて、彼は人を愛せないわけではないの

です。

 

彼は言います。

 

「思いやりはあったさ。」

 

 

〇「愛」を取り戻す手段も

また「愛」なのだ

 

この映画は、「愛」を持つことが出来なく

なってしまった主人公が

あるきっかけを通して「人を愛せるように

なっていく」様子が描かれています。

そして、その「愛」こそが僕はこの映画の

タイトル(問い)に対する

1つの「答え」なんじゃないかなーって

思ったんです。

 

 

ーーー終わりにーーー

 

 

みなさんは「愛」って何だと思いますか。

 

これまた、前回の「生きるとは」と同じで

一言で言い表すことが難しい問いであり、「答え」のない問いであります。

 

れおっちも何度も何度も考え続けている問いであります。

 

自分の損得ではなく、

相手を想って行動をする

こと????

 

じゃあ、「恋」と「愛」の違いは???

 

 

どんどん際限なく様々な問いがうまれて

きますよね( *´艸`)( *´艸`)

難しくて、スッキリしないけれど、

でもだからこそ僕たちは考えるし、

色んなことに気づくし、学び続けようと

思えるんじゃないかなって思うんです(*´ω`)

 

僕の「本紹介」や「映画レビュー」は

一般的な紹介とは違って、

「紹介」になっていないのかもしれません。

(あらすじとか別に特に書いてないし、

具体的なことも少ししか書かないので!)

 

そして、「真面目っぽい」内容が多いと

思います。

 

「考える」ようなことをたくさん投げかけるし、頭が疲れるような

「メンドクサイ」ものが多いと思います。

 

でも、「メンドクサイ」と避けること

だからこそそこからは

考えもつかなかった気づき、

学びが得られるんだって思うんです!!

 

れおっちは今日も「学びの炎」を灯します。

その炎が他の木(人)に燃え移って、

どんどん「学びの炎」を灯す人が増えることを夢見て。

 

「学びあうこと」を楽しめる世界に

なったら、この世の中はもっともっと

オモシロイことで溢れるんじゃないかなあ。

 

ではでは今日はこの辺で♪

 

アディオス!!!!

 

↓ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます(*´ω`)

 

 

 

↓前回の記事「映画レビュー①」

 

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

↓本の紹介もしています♪

 

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

↓れおっちの大好きな彼女との物語。

 

shizhonglingyang.hatenablog.com