「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

「想い」を「カタチ」にする方法が増えた話ー「脚本」→「映像」×「演技」×「文」-

みなさんこんにちは!

「れおっち」です(-ω-)/

 

いきなりですが、

みなさんは「脚本」というものを

書いたことがありますか??

 

れおっちは一度だけ、 

「脚本」なるものを書くきっかけが

ありました。

それが

放送作家の「さらだたまこ」先生と 

演出家の「藤本友徳」先生による

ワークショップでした\(゜ロ\)(/ロ゜)/

テーヘンダ―

 

→直接講義をしていただけた上に、

参加者が作った「作品」に対して

フィードバックをその場でもらえる、

という何とも贅沢な機会。

 

めったにできる経験じゃないな、

と思い飛び込みました( *´艸`)

 

今日はそこで得た気づきと、

それに関連してれおっちが

常日頃思っていることを

「文」というカタチにしてみました。

 

 

れおっちは普段からこうやって文章を書く、ということを定期的にしているので、

「〇〇についてどう思う?」ということを

与えられるとすぐに自分の考えを「言語化」できるようになってきました。

(※2年前のれおっちはそもそも、

自分の「考え」すらもっていなかったので

大きな進歩( *´艸`))

 

このことを言葉を換えてこう表現できる。

 

れおっちは

「想い」を「文」という「カタチ」で 

表現することに慣れてきている、と。

 

つまり、「習慣」の話であり、

それ以下でもそれ以上でもない、

ということ。

「習慣」を変えれば、人はいつでも違う

「世界」を観ることができるし、

触れることが出来る。

 

僕たち人間はそれぞれの「考え」や「想い」といったものを自身の中に眠らせています。

 

(※ちなみに意識下におけるのはたった5%で残り95%は無意識に埋もれているそうです)

 

そして、僕たち人間は「無意識下」に

あることを「あえて」掘り起こしてみよう

とは中々しないもの、なのかな?

と思うのです。

(※れおっちはこれを掘り起こすのが

好きなのでよく「変人」と言われます笑)

 

実はこの「あえて」掘り起こす、ことこそ

「想い」を「カタチ」にする第一歩であり、

自分のウチを知る、ということであり、

その人をその人たらしめる行為であり、

ソトの「世界」に目を向ける準備

だと思うのです(゚д゚)!

 

何も意識しなければ、たった5%しか

自分の「世界」が観えない。

そんな狭い「世界」を掘り起こせば、

自分の「世界」が拡がっていく。

 

自分の「世界」が拡がってこそ、

その人はその人らしくなるし、

そうなってからやっと「本当の意味」で

外の「世界」に関心が湧くのだと思う。

 

言うなれば、「イモ掘り」です(*^^*)

 

土に埋まったイモを掘り起こすために、

僕らはツルを引く。

ツルを少しずつ引いていくと、

やがてそこには様々な形のイモが現れる。

そうやって少しずつ埋まっていたイモを

増やしていく。

 

ちなみにツルというのは、

オモロイ!なるほど!へぇ!

と自分が感じること、だと思っています←

 

いや待ってよ!(*´Д`)

「イモ掘り」で埋まっていた

イモを掘り起こせば「自分を知る」ことに

繋がって、

「観える世界」が拡がる

っていうのはとりあえずわかった。

 

でも、そもそもなんでイモがそんなに

埋もれているわけ???

 

れおっちは主に二つあると思っています。

 

その一つは「エネルギー容量」の話。

 

今まで自分の中に取り入れてきたことを

全部常に意識していたら、

そこに「集中力(エネルギー)」を

使ってしまって僕らは他のことに

意識が向かなくなってしまうはず。

エネルギーには容量がある。

だから自分の中にある、

「優先順位5%」の情報を意識下において

人は「意思決定」をすることなく

反射的に反応しているのではないかと

れおっちは思うんですよね。

(※ただの主観)

 

それに記憶にも容量がある。

だから、「※海馬くん」は記憶を

「選択」しているのであって、

「必要な情報」を残し「不必要なもの」を

忘れさせる。

 

※海馬くんについては後に貼る

「アウトプット」のお話参照

 

でも逆に言えば、残ったものは

「必要な情報」である、

ということでもあるはず。

 

それにも関わらず、人は常に自身の中にある「必要な情報」のたった5%で生きている

のだとしたら、残りは一体なんなのか。

 

それは「必要な時に参照される参照元」だと思うのです(゚д゚)!

 

つまり、5%だけでは不十分だな、という「意思決定」を必要とする際に

参照されるデータが残りの95%なのでは

ないか、と思うんですよね。。

(※完全に主観)

 

ところがどっこい!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

引き出しの奥に追いやった物が

なかなか見つからないのと同じように、

普段使っていない「記憶」というものを

取り出すためにはどうしても時間がかかる。

 

その時間を「もどかしい」と感じても、

じっと耐えられる人はその「記憶」を

上手に使えたりするのだろうけれど、

みんながみんな耐えられるわけがない。

 

というより、ほどんどの人がその

「もどかしさ」を理由に

本来ならば自分の引き出しに眠った

あらゆる「記憶」を参照すべきところ

5%の方で処理してしまう、のではないか。

 

「記憶」が引き出しの奥にあればあるほど、

時間がかかるため

そういうことが起こるのかな、と思う。

 

れおっちはそうやって、「もどかしい」と

なるのが好きじゃないんです。

ほんの2年前までは、

それこそよく「伝えたい!」みたいな

感覚になったり、

何かこう、言いたいことがあったとしても

なかなか喉からその「想い」が

でてこなくて、

結局「なんとなく」反応する、

みたいなことがよくあった。

 

でも「なんとなく」反応したことには、

納得感を持てなかったり、

モヤモヤとしたものが邪魔をして

心から楽しめなかったり、

するのではないかと思う。

 

だったらすぐに「探し物」が

見つかればいい!!

そのためにその「記憶」を使う必要がある!とれおっちは考えています(*´з`)

 

よく使うものなら、

たとえ引き出しの奥にしまったとしても

「あーあの段の奥に入れたな!」ということを身体が覚えているため

すぐに取り出せる状態になるからです。

 

「記憶」を使う??

 

これにはその「記憶」を人に話したり、

紙に書いてみたりすることが有効なはず。

「記憶を使う」とは、

つまり「アウトプット」のこと。

アウトプットには

「話す」「書く」がありましたよね( *´艸`)

 

↓ 忘れた人は復習オススメ(゚д゚)!

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

今書いていて思ったのだけれど、

もしかしたらそんな原体験が

たくさんあるというのも、

れおっちは「文を書くようになった」理由の1つなのかもしれない( *´艸`)

 

もう一つパッと思いつく

「イモが埋もれる理由」があります。

 

それが「他者からの何気ない言葉」

だったりする。

 

特にその他者が自分にとって近い存在

であればあるほど、

イモが深く眠ってしまう理由になり得ると

思うのです。

 

れおっち自身も、母の何気ない一言で

「夢を持つことをあきらめた」経験が

あります。

(今は新たに夢を思い描けるようになった)

 

「〇〇したい」を理屈で

「そんなの無理だよ」と封じ込められると

無意識のうちに「〇〇したい」と思うと

傷つく→だからやめよう

って処理されるのかな、

と個人的には思っています。

 

それぞれの人に、生きている中で

自分の気持ちが抑え込まれる体験が

あったりすると思う。

 

実はその時の気持ちこそが自身にとっての「イモ」だったりするんじゃないかなぁ

なんてれおっちは思うのです(゚д゚)!

 

順番的には

イモを掘る

→その記憶を使う

→すぐに取り出せるようになる

 

なので、やはり「イモ掘り」が大事!

 

↓ 具体的な「イモ掘り」のやり方はこっち

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

さてさて。

めちゃめちゃ「前置き」が長くなって

しまいましたが、

いよいよ本題に入りたいと思います。

#え、今までの前置きだったの

#大草原

 

と言っても、ここまでの「前提」が

共有されていれば

今回のお話はサクッと伝わると思います

( *´艸`)

 

れおっちは思うんです。

「想い」を「カタチ」にしてこそ、

そこに「イミ」が生まれてくるんだって。

 

そして、その「想い」を「カタチ」に

する方法は色々ある。

 

文を「書く」だったり、

言葉を「話す」だったり、

イメージを「描く」だったり、

その気持ちで「踊る」だったり、

メロディに乗せて「歌う」だったり、

まさに形にして「作る」だったり、

 

表現(想いをカタチにする)方法は

たくさんある。

 

兎にも角にもどんな方法であれ僕らは

「想いをカタチにする練習」は大切にすべきだとれおっちは思うのです。

 

そして、できることならば

「表現する方法」を増やしていきたいな

って。

 

増えれば増えるほど、

色んなカタチで「想い」を表すこと

ができる。

 

その中で、れおっちは今回「脚本」という

可能性を知ったんです。

 

それは1つの「創造」であり、「文」であり、

「映像」であり、「演技」である。

 

オモシロイ!!

「脚本」の中には少なくとも4つもの

「カタチ」が存在するんだ!!

その発想はあまりなかったなぁと

まず一つの「気づき」。

 

ブログは基本的に「書く」であり、

それは「文」を通して行われる。

れおっちはそこに「ジャンル創造」という

ことを加えてやっていたりするけれど、

それでも2つの「カタチ」。

 

もちろん「数」が全てじゃないけれど、

一度に多くの要素に触れられる、

というのは新鮮な風だった。

 

今ふと思ったのは「ミュージカル」は

「演技」×「歌」×「踊り」だなって( *´艸`)

 

世の中にあるエンターテイメントが

どんな「カタチ」で成りたっているのか、

視てみるのもオモシロイかもしれない。

 

今回、れおっちにとって特に新鮮だったのは

「映像」と「演技」という

「カタチ」でした。

 

今までほとんど触れたことがなかったから

です(*´з`)

 

参加者は1つのテーマを与えられて、

3分間のショートストーリーを

「創造」することがミッションだった。

 

テーマは「和解」

※内容自体には諸事情により、

今回は触れないことにします( *´艸`)

いつか記事を書くかも??

 

とにかく、初対面のグループメンバーと共に

テーマに沿った「作品」を創ろう!

 

最初は

「脚本」ってきっと難しいんだろうなー

とか、

しかも、一人じゃなくて

その場にたまたま居合わせたチームメンバー

と一緒に創る、だなんてできるのかなぁ

って思ってました。

 

でも、いざやってみると

案外どうにかカタチになっちゃうもの

なんだな、というのがれおっちの感想です笑

 

※具体的に出来上がった作品は

もしかしたらいつか公開するかもしれませんが、今は内緒♡

 

そこで学んだことをシェアさせていただいて

今日は筆を置きたいと思います!

 

学び①

背景描写と心理状態を掛け合わせる

→たとえば、「雨」と「涙」を連動させる、とか。

 

◎「天気」と「心理状態」は掛け合わせ

やすいのかなって思った!

 

学び②

小道具を上手に使う

→たとえば、「プレゼント」に「皮肉」

という意味付けをして渡す

 

◎物に「意味づけ」をすることで

「無機的な物」が「有機的な物」になる

 

学び③

アクションと想いは裏腹な関係

にあったりする

→「嫌い」と言葉では言っていても、

実際にそれを使ってみたりしている

 

◎必ずしも人間は整合性のとれる

行動をするわけではないところに

「人間らしさ」がある

 

学び④

意外性がオモシロミにつながる

→大きな箱と小さな箱があって、

「こういうのは大きいのに良いものが、、」

と思ったら「大きいものに良いものがある」

 

◎ある種の「お決まり事」みたいな

「期待」を裏切るところに

オモシロミが生まれたりする

 

 

学び⑤

あえて「書かない」ことで

そこに「余地」を残す

→たとえば、「健司は笑った」と書いて

あったとすると、

それを演じる側は「どのように笑ったのか」を考える「余地」が生まれる

 

◎「意味づけ」をしすぎないことが、

そこに「余地」を残すことに繋がり、

「受け手」がそこに「意味づけ」を

することで「作品」を「作品」たらしめる

 

 

他にも、「映像」を撮る際に

どんな角度から映し始めるのか、

奥行きをだしたかったら「高角度」で撮る!

といったことや、

台詞を言う「主体」を映すのではなく、

あえて台詞を聴く「客体」を映してみる、

とか

顔を映すのではなく、

心情が観える「手の動き」に注目してみる、

といったことを学ばせてもらいました!!!

 

 

詳しいことはあまり言えないのですが、

ここで作った「作品」をコンペのようなものに出すことができるみたいなので

せっかくだからだしてみよう!と思っているれおっちだったりします( *´艸`)

 

 

このような機会を設けて下さった方々、

そして

貴重なお話を聴かせて下さった

「さらだたまこ」先生、「藤本友徳」先生

本当にありがとうございました!( *´艸`)

 

 

今日はこの辺で♪

 

↓ 関連記事

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

↓ れおっちと絡んでみたい方はこちら!

(DM下されば必ずお返事します( *´艸`))

 

↓ れおっちに何か意見を聞いてみたいことがある方はこちらへメール下さい!

(※もちろん無料です!このために作った

メアドなので遠慮なくどうぞ(*´з`))

rewatchclaus.fowfowfow@gmail.com

 

↓ ちなみにこのメアド誕生の物語あります(笑)

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

↓ ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます(*´ω`)