「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

勝手に紹介⑥ れおっちの友人「ひろむくん」

みなさんこんにちは!

「れおっち」です(-ω-)/

 

さてさて。

 

今れおっちはスタバでこの文章を

書いているわけですが、

いやぁ~やっぱりふと思い立った時に

「話そう!」の一つ返事で

話せる友人って大切だな、

と思う今日この頃。

 

みなさんには何年も会っていなくても、

ふと「元気にしてるかな??」

からの「元気―?今度話そうよ!」で

「いいよ!」と気軽に

関われる友人がいますか???

 

もしも、頭に思い浮かんだのならきっと、

その人はあなたの人生で

大切にすべき人の一人です。

本当の友人とは、

別に普段関わっていなくても、

ある時連絡をしたら気軽に何でも

話せるような人なんじゃないかな?

なんて思うれおっちです( *´艸`)

 

 

長い前置きはこの辺にしましょう!!!!

 

 

今回は、、、、、、、

 

 

「勝手に紹介」

シリーーーーーーーーーーーズ!!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

やって参りましたこのジャンル!!!

 

なんと、れおっちが独断と偏見で

「紹介したい!!」と思った人を

本人の許可を得ることなく「勝手に」

このブログ内にて紹介する、という

むちゃくちゃなジャンルでございます笑

 

 

※ちなみに今のところ、

本人に「感謝」しかされたことないので

余計に「大丈夫だろ」と調子に

乗っているれおっちです。

 

 

今までは、基本的にツイッター内で

お世話になった人を

紹介してきたれおっちですが、

今回はなんとれおっちの「友人」から

「勝手に紹介」していきたいと

思います!!!

 

(これを読んでいるあなたもいつの日か

「勝手に紹介」されるかも?!!笑)

 

#いや余計なお世話だよ

#いつかアンチコメントとか来そう

 

 

 

今回紹介するのは

「ひろむくん」!!

 

※れおっちは「ひろむ」と呼んでいるので

以下ひろむ、にします。

 

 

ひろむは同じ大学でして、

出逢ったのはなんと

あの※「MLPキャンプ」!!!!( *´艸`)

 

※れおっちがえりなと出逢った、

伝説の英語合宿のこと。

 

ということは、

出逢ったのは約二年前のことですね~

いやー結構前だなぁ( *´艸`)

 

ちなみにオモシロイことに、

当時は「イングリッシュオンリー」だった

ため、

ひろむとは「日本語」で会話してません(笑)

 

そして、驚くのは早いですよ?!!!

 

なんと、ななんと、なななんと!!!!

(゚д゚)!

 

ひろむとはその

「MLPキャンプ」

以来、

一度も

話していません!!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

えーーーーーーーーーーーって感じですよね(笑)

 

それなのにコイツ馴れ馴れしく

「ひろむ」とか言ってるよ!!!(笑)

ちなみに、ひろむは現在社会人2年目。

(たぶん、れおっちの1個上??か、それか同い年??わからん。どうでもいい。)

 

 

そんなひろむと、実は今日!

れおっちは本当に久しぶりに、

そして「日本語」では「はじめまして」な

状態で(笑)

話しました( *´艸`)

 

 

いやーはっきり言って、

当時もそこまでたくさん話したわけ

じゃないので事実上

「はじめまして」なのかもしれない(笑)

 

それでも、不思議なことに「ひろむ」とは

自然に、

それこそ「なんでも」話している

自分がいたんです(゚д゚)!

 

 

こんなって言うと、

えーれおっち大して知らないくせに

「友人」とかって言ってるよ~

なんか薄いなーとかって思う人もいる

かもしれません。

 

果たしてそうなのか???

 

それこそ、

今書きながら思ったことなのですが

もしかして、「人間関係」って必ずしも

関わり合った「時間の長さ」で

「親密度」って

決まらないのかな???って。

 

ひろむ本人がれおっちに対して、

どれくらい「心を開いてくれているか」は

わかりませんが、

少なくともれおっちは「ひろむ」に対して

心全開で話すことができたわけですね???

 

それはきっと、

ひろむの「人柄」が大きいだろうし、

あとはやはり「共通の体験」を持っている、というのがあるのかなって。

 

英語合宿でれおっちが「ひろむ」のことを

強烈に覚えている理由があるんですね。

 

それがひろむの渾身の「スピーチ」だった。

f:id:shizhonglingyang:20210110211348j:plain

 

ひろむは実は、その英語合宿になんと!!!

4年連続で参加していたのです!(笑)

ちなみに、「英語合宿」に参加すると、

所謂「単位」がもらえます。

※単位がもらえるのはレベル毎に1回。

つまり3回まで。

でも、決して安くはないお金がかかるし、

8日間という時間も必要。

 

ひろむは4回参加していたので、

「単位」のため、ではないことは明らか。

 

英語合宿の最終日、どうやらひろむが

話したいことがあるようで、

みんなの前で話し出しました。

 

そこで語られたことは決して、

流暢ではなかったけれど、

それでもそこに「想い」があることは

伝わってきた。

 

「4年連続なにがなんでも参加してやるんだ!」という気概が見えた。

 

 

れおっちは、ひろむのその一生懸命

「想い」をみんなに伝えようとする姿勢に

とても魅力を感じてたんだと思う。

 

ひろむのことが「人」として

好きになったんだと思う。

 

だから、

れおっちは2年経った今でも、きっと

すぐに「なんでも」話せたんだな、

って思うんです(*´ω`)

 

 

ちなみに、「えりなとの出逢い」シリーズ

でも書きましたが

英語合宿にはオプションクラスがあって、

ひろむは

「Wetube」という「Youtube」みたいな

「動画」クラスを選んでいました。

 

そのクラスではチームで「動画制作」をし、その過程の中で

英語を用いてアウトプットすることが

求められるクラス。

 

オモシロいことに、ひろむは4年連続で「Wetube」のクラスを好んで

選んでいたようです(笑)

 

※記事の最後にひろむ出演の「Wetube」の

作品載せておくのでぜひ観てください!

たぶん、こうやって文字で伝えるよりも、「ひろむ」の良さがわかってもらえると

思います(笑)

 

れおっちが4回参加してたら

間違いなく毎回変えていたと思います(笑)

 

 

最後に、ひろむとの「対話」の中で

印象的だった「ことば」を紹介して

筆を置きたいと思います(*´з`)

 

 

「レールに乗りながら、

レールを外れることをして

みたい」

 

 

所謂、日本の中で「一般的」とされるようなことをしていく中から

「学ぶ」こともあるよなって思うんだよね。

でも、その一方で「フツウ」じゃないこともしてみたいな!

自分で創ったオリジナルの仕事とか

してみたい!

 

これを聴いていて、

「そういう発想もあるのかーー!」

とただただオモロイ!と思ったれおっち。

 

 

「新卒一括採用

もいいよね!」

 

だって、「何もスキルなんてない」学生を、

雇ってくれるんだよ???

ありがたいよね!!!

 

これもまた、「たしかにー」と

思わされたこと。

最近では、「新卒一括採用」ということが

馬鹿げている、といったようなことも

耳にするようにもなりましたが、

ひろむの言うような捉え方をすれば、

「ありがたい」ことだなって

思えたれおっちがいました。

 

 

ひろむという、

「社会」を経験している友人の話を

聴いていて、

やっぱり一度、「社会」というものに

でてみたいな!という想いが

より一層強まったれおっちでした( *´艸`)

 

 

ひろむ!!!

時間創ってくれて

「ありがとう」

 

そして、

ひろむだからこそ

視える色んな世界を

見せてくれて、

「ありがとう」!!

 

f:id:shizhonglingyang:20210110211418j:plain



 

今日はこの辺で♪

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます(*´з`)

 

 

↓ ひろむ制作&出演の「Wetube」ぜひ観てください♪

 

m.youtube.com

 

m.youtube.com

m.youtube.com

m.youtube.com

m.youtube.com

 

↓ ひろむと繋がってみたい人はこちら

※鍵アカウントなので、

フォロバしてほしい場合、

「れおっちのブログから来ました!」

と言ってみてください。

たぶん「フォロバ」してくれるはず

(テキトー)( *´艸`)

 

↓ れおっちと絡んでみたい方はこちら!

(DM下されば必ずお返事します(*´з`))

 

↓ ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます(*´з`)

 

↓ ちなみに例の

「れおっちとえりなの出逢いの物語」

はこちら!

shizhonglingyang.hatenablog.com