「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

「想い」を「カタチ」にして本当によかったなという話。-「想い」は「循環」するー

みなさんこんにちは!

「れおっち」です(-ω-)/

 

昨日、一昨日と合計20時間バイトで、

ちょっと疲れ気味のれおっちです(;´Д`)

本当は昨日更新しようと思ったのですが、

寝落ちしてしまいました、、

今までのれおっちは「完璧主義」っぽい

ところがあり、一度忘れてしまったり

不備があったりすると、萎えてしまったり「一喜一憂」してたんです。

 

でも、今年のれおっちは違います(゚д゚)!

 

継続する上で「上手くいかない」のが

アタリマエだと知ったからです。

今までは、どこか「大丈夫だろう」という

謎の自信があった。

だから、上手くいかなかったときにいちいち萎えてしまっていた。

でも、そこがそもそも違ったんです。

 

「上手くいかないのがアタリマエ」と

思うことでじゃあどうする??

が生まれるんです。

 

今回れおっちは昨日書けなかった分、

今日の記事をより心を込めて

書いていこうと思います(*´ω`)

できることなら、今日のバイト終わり後にも1つ書けたらなぁ、

とも思っています( *´艸`)

 

では!!

切り替えて本題に入っていきましょう♪

 

 

みなさんは前回の記事を

ご覧になりましたか?

 

↓コレ!!

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

れおっちが母に半ば強制的にブログを

開設させ、初投稿までさせるという記事。

 

母は今まで、シングルマザーということも

あり、

れおっちや、弟のためにひたすら働く、

ということをしてきた。

それも、所謂「子育て」を楽しむ、

という「余裕」がない状態で。

 

ある種の「義務感」で

母は働いてきてくれました。

 

そんな母を見てれおっちは思ってきました。

 

もっと「自分のことに」時間使ってよ。

 

自分のために」時間使ってよ。

 

と。

 

「子育て」が「義務」になって、

それに苦しむくらいなら

そんなに無理しなくていいから、

「幸せ」に感じられないくらいキツイなら

そんな想いしてまで

「子育て」しなくていいから!

 

もちろん、それでもここまで育ててくれた

その精神力には

感無量ですが、でもやっぱり、

その「無理」によって

それを見てきた、その影響を受けてきた

れおっちや弟は色々思うわけです。

 

「義務」で生きる時間は

「自分の時間を生きている」と言えるのか。

 

 

さて。

 

そんな母にはどうやら、

「仕事」と「家」の往復だ、

という毎日らしい。

 

れおっちは思うわけです。

そんなんツマラナイじゃん。

「幸せ」に近づくわけないじゃん、と。

 

れおっちも色々あって今、休学していたり、

家を出て一人暮らしを大学生ながら

しています。

(もちろん、家賃やらその他諸々自分持ち)

 

バイトめちゃめちゃしていて、

フツウに週40時間以上働いています(笑)

 

でもね。毎日が「幸せ」なんです。

 

なぜか???

 

まず、「バイト」自体に対して

「どうやったら楽しくなるかな???」

ってめちゃめちゃ考えてるから。

 

れおっちは思うんですよね。

 

「義務」の時間は、自分の時間じゃない。

ある意味、

その対象に「支配されている時間」だと。

 

だから、その対象に対して

「好ましくないこと」を感じる。

 

限られた人生(時間)だから、やっぱり

自分が「幸せ」になるようになるべく

使いたいですよね!

 

でも、そのためには「考える」ことは

避けられない。

じゃないと、「支配」されてしまうから。

 

 

「バイト」をして「お金を稼ぐ」

というところは

「やらなきゃいけないこと」なわけです。

そこはコントロールできない。

 

でも、その「バイト」に対して

「どう向き合うか」「どう捉えるか」

は自分の問題。

 

自分でコントロールできる場所です!!!

 

だったら、後は自分が自分の時間を

どうしたいか??

ですよね。

 

そんなの決まってる!!!

 

なるべくイミのある

時間にしたい!!!!

「幸せ」に繋がる

時間にしたい!!!!

 

 

そうです!

「たい」を大事にすればいい。

 

「義務」を「たい」の時間

にしていけばいいんです。

 

どうすればいい???

 

 

義務の中に「たい」を見つけてあげる、

または創ってあげればいい!!!

 

(段々話逸れてきたからこれ、

たぶんまた別記事で書きます(笑))

 

 

母の場合、日常の中に「たい」があまり

見えなかったので

そこに「たい」を増やす方向性を

提案してみたわけです!

 

その結果(過程は↑の記事をご覧ください(笑))

ブログ開設&初投稿までいったという感じ

でございます(笑)

 

 

さて。

 

やっと、「前置き」が終わりました。

 

#え、これ全部前置きだったの

 

ここからがこの記事で一番伝えたいこと

なのですが、

それは何かと言うと、、、、、!

 

 

 

「想い」を「カタチ」にすることで

「人の人生に

良いきっかけ」

を与えられる

 

ということです。

 

 

まあ、れおっちは常日頃から

こんなって言ってたり、

実際にそれをやっているわけなのですが

改めて!です。

 

 

実は例の「母にブログ開設&初投稿させて

みた」の記事を見てくださった方から

今後の人生で「嬉しかったことは?」と

聞かれれば何度も話していくであろう

メッセージをいただいたんです。

 

 

それがコチラ!!!

 

 

 

mamiko221.hatenablog.com

(↑ツイッターの相互フォローしてる

「まみっこさん」)

 

なんと!

 

ななんと!!

 

なななんと!!!

 

 

ビックリ仰天(゚д゚)!

 

れおっちは図らずして、

母だけでなく、

まみっこさんの心まで

動かしてしまった

ようなのです

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

エーーーーーウソ

デショーーーーーー!

 

 

 

さらには、なんとまみっこさん

自身もれおっちに影響を受けて旦那さんに

対して行動したそうなんです!!!!

 

 

こりゃたまげた、、、、

 

そのことをれおっちに

教えてくださったんです(*´Д`)(*´Д`)

 

めちゃめちゃ嬉しかったです!

 

あーーーこんなってれおっちの記事を通して

誰かにその声が届くだけでなく、

その人の人生に貢献できる

なんてこの上ない「幸せ」だなって。

 

れおっちが常日頃から言ってる

「小さなきっかけが誰かの人生を変えることだってある」

ということが、

なんだか間違ってないんだよって

言ってもらえた気がしたんです。

 

僕自身も「たった一つの本」から

人生が変わった経験があるので、

より一層「これからも『想い』を『カタチ』にしていこう」と思えました。

まみっこさんありがとう!

 

 

みなさん!!!

 

何度も伝えます。

 

人にはそれぞれの「人生」という名の

「物語」がある。

そして、その「物語」の中で

その人だけの物事に対する「捉え方」

「感じ方」「考え方」が築かれていく。

 

その人の眼にしか映らない

世界があるんです。

 

だから、人は尊いんです。

 

その人だけの世界があるからこそ、

一人一人には

計り知れない価値がある。

 

それは決して比べることなんてできない。

だって、「違う」んだから。

「違う」物事を比べたって仕方ない。

 

というか、比べる必要なんてないんです。

それぞれにそれぞれの良さがある。

「絶対評価」でいい。

 

でも「学校教育」によって僕らは

「相対評価」が身に染みてしまっている。

「ビジネス」によって

「数」で評価しがちだ。

 

でも違う。

 

人は「比較」なんてできないんです。

 

「違い」が前提にある「人」なわけですが、

僕ら人間はその「違い」を「排除」の手段

として使いがちです。

 

「敵」か「味方」か。

 

「損」か「得」か。

 

そうじゃない。

 

そんなって「違い」を「排除」の手段に

使うのなんてあまりにももったいない。

 

危険がいっぱいあった頃は別だけどね!

その頃は瞬時に、

「敵か味方か」判断する必要があった。

だから、人は「ラベル」で見る、

ということを覚えた。

 

「性別」「体格」「身分」といった風に。

 

それがドンドン派生していって

「出身」だとか「親子」だとか「先生生徒」だとか

「店員客」だとか「地方都会」だとか

「先輩後輩」だとか「若者老人」だとか

「受験生就活生」だとかって

「ラベル」が増えていった。

 

ラベルがなんだ???

 

れおっちは思う。

 

どうせ「ラベル」で見るならこう使おうよ。

 

「みんな同じ人間だよね」って。

 

「同じ」ということを意識して初めて

人は「違い」をフラットに捉えられる。

 

れおっちは思う。

 

「違い」があるからこそ、

人は助け合える。

誰かができないことをできる人がやる。

 

「違い」があるからこそ

人は学び合える。

気づかせ合える。

成長できる。

 

そして、なにより

「違い」があるからこそ

人は「オモシロイ」んだ。

この世界はオモシロくなるんだ。

 

そんなって思う。

 

だから、声をソトに向けよう!!

 

あなたの声には計り知れない価値がある。

 

あなたの声によって誰かが何かを

気づくかもしれない。

学んでくれるかもしれない。

 

買わない宝くじは当たらない

 

変わらないかもしれないけれど、

読まれないかもしれないけれど、

少なくとも「可能性」は生まれる。

 

だから、今日もれおっちは記事を書く。

 

「想い」に「文字」という「カタチ」

を与える。

 

どんな「カタチ」だっていい。

 

「声」を発しよう!

 

今日はこの辺で♪

 

↓まみっこさんの世界に触れたい方は

こちら!

 

 

↓ れおっちと絡んでみたい方はこちら!

(DM下されば必ずお返事します( *´艸`))

 

↓ ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます(*´з`)