「れおっち」のブログ

あなたに「小さな刺激」をお届けします。

本紹介&映画紹介!!ー『ゴミ人間』からの『えんとつ町のプぺル』-

みなさんこんにちは!

そんでもってお久しぶりです(-ω-)/

「れおっち」です( *´艸`)

 

れおっちはここ数日ブログやらnoteを

お休みして

大量のインプットの時間を取っていました

(゚д゚)!

 

 

というのも、

最近まとめて「何もない一日」というのを

取ることが出来ていなかったからです。

 

そんなこんなで連続して二日間

「何もない一日」を創ってみたんです♪

 

何をしたか????

 

 

もうお分かりですね( *´艸`)

 

 

というわけで今日は久々のコチラの

ジャンル!!!

 

 

「本紹介」&

「映画紹介」

シリーーーーーーズ!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

久々にやって参りましたこのジャンル!

 

しかも今回は「本紹介」と「映画紹介」を

同時にやってしまう!!!

という大変ボリューミーな回

となっています( *´艸`)

 

最後まで楽しんでいって下さいな♪

 

 

 

ーーーーーはじまり、はじまりーーーーーー

 

 

 

いきなりですが、あなたに質問があります。

 

 

あなたには

「夢」なるものが

ありますか?

 

 

 

この問いに対して、

本当に色んな反応があると思う。

 

「夢」??そんなもん持ってるの??

「現実」見なよ。

「夢」ないんだよね、、、

子どもの頃はあったけどね。

好きなことして

生きられたらいいんだけどね。

 

人によって様々。

 

「夢」と聞いて、バカバカしいと思ったり、

羨ましいと思ったり、

理想主義だと思ったり。

 

 

おいおい。待ってくれよ!

 

「夢」に対して

肯定的な反応はないのか???

 

 

いったい、現代において

「夢」に対して

「肯定的」な眼で捉える人は

どれくらいいるのだろう。

 

 

「夢」を持ち続けようと

する人は

どれくらいいるのだろう。

 

 

「夢」を叶えようとする人は

どれくらいいるのだろう。

 

 

そもそも「夢」って

いったい何なんだろう。

 

 

 

それをれおっちに

教えてくれたのが

2人の大人だった。

 

 

今日はその一人、

「西野亮廣」さん

(以下:西野さん)

について。

 

 

れおっちが西野さんを知ったのは

一冊の本を通してだった。

 

「魔法のコンパス」

 

 

みなさんご存知の通り、

国語が大嫌いだったれおっちですが、

このたった一冊の本を通して

れおっちの人生は大きく変わった。

 

この本についてはまた

別記事で触れるけれど、

一言で感想を言うならばこうだ。

 

世の中には

「間接的」に

人の人生を変えて

しまう人が

存在するんだ

 

ということだった。

 

もちろん、直接だったとしても尊いけれど、

本人の姿形なくして、ここまで「影響」を

持つことが人にはできる、

ということの証明だった。

 

単刀直入にカッコよかった。

 

憧れた。

 

自分もこんな存在になりたい。

 

純粋にそう思った。

 

そこから、西野さんの本を読み漁り、

そして気づけば西野さんの

※オンラインサロンにも入っていた。

※オンライン上のコミュニティのこと

 

当時は今程の規模(7万4千人越え)では

なく、

2000人くらいの規模だった。

(十分デカいけれど!)

 

当時のれおっちは

「西野さんの世界をもっと間近で観たい」

 

そんなって思ってサロンに飛びついた。

 

当時はれおっちと似た感覚の人たちが

たくさんいて、

れおっちにとって居心地の良い場所だった。

 

僕の「ことば」でその状態を表すなら

こうだ。

 

西野さんの「色」を

自分の「色」に

塗っていきたい人の集まり

 

 

西野さんの世界が「赤」で、

僕の世界が「青」だったとすると、

西野さんの「赤」を、

僕の「青」に塗って「紫」にしていきたい!

といったイメージ。

 

つまり自分の「色」はちゃんと持ちつつ、

西野さんから「学びたい!!」といった

人たちが多かった印象だった。

 

 

しかし、

コミュニティが徐々に大きくなるにつれて

僕の中に「違和感」が生まれてきた。

 

 

オンラインサロンにいると、ウチ側から

コミュニティが大きくなっていく様子

だったり、

それぞれのメンバーの動きだったりが

観える。

 

 

もちろん、ソトに公開される前に

作品の裏側だったり、

西野さんの考えだったりも観える。

 

 

間もなくして、

僕の中でその「違和感」の正体が分かった。

 

これは「宗教」にもよく見られる

光景だった。

 

 

そう、いつの間にか「信者」

溢れかえっていたのだ。

 

これはあくまでも、

れおっちの肌感でしかないし、

データはとったのか?と言われれば

それまでなのだけれど、

 

れおっちにはオンラインサロンのメンバーの95%くらいの人が

西野さんの「信者」になっているように

観える。

 

どういうことか???

 

 

西野さんに「〇〇してね!」と言われれば

〇〇するし、西野さんが〇〇と言えば、

肯定的な反応しかしない。

 

「西野さん=神」

 

であるかのような扱い。

 

なんでなんだろう???

とれおっちなりに考えたところ、

いくつか理由が思いついた。

 

 

それは、徐々にオンラインサロンが

影響力を持ちだすにつれて

 

「なんだかみんな入っているから

入ってみよう!」

「あそこに入れば得しそうだから

入ってみよう!」

「マジョリティについた方が

メリットがあるはずだから入ってみよう!」

「仲間はずれになりたくないから

入ってみよう!」

 

といった「外発的動機」によって

入った人が多いからではないか??

 

ということだった。

 

1つ勘違いしないでほしいのは、

決してれおっちは

「外発的動機」で入った人や、

西野さんを否定したいのではないよ!!

むしろ、同じコミュニティメンバーだし、

西野さんだってめちゃめちゃ

尊敬しているし、なんなら入ってない人に

全力でオススメしたい!!!

ってこと。

 

だって、西野さんの世界めちゃめちゃめちゃめちゃオモシロイもん!!!

応援したいもん!!!!

たくさん学ばせてもらってるもん!!!!

 

 

でも一つだけ思うんです。

 

 

あなたの「色」だけは

忘れちゃいかん

でしょ!!!!

 

 

と。

 

 

 

 

 

れおっちはね、思うんです。

 

一人一人には

計り知れない価値

がある

 

って。

 

そこにインフルエンサーだとか、

一般人だとかは、関係ない。

 

だって、考えてみてください(゚д゚)!

 

僕らはそれぞれが歩んできた道程があって、そこにはそれぞれの「物語」がある。

その物語を歩んできた過程で、

僕らはそれぞれの

「捉え方」「感じ方」「考え方」

を築いてきた。

 

あなたにはあなただけの

「捉え方」「感じ方」「考え方」がある。

だって、その裏にはあなただけの

「物語」があったんですもん。

 

それってつまり、

あなたにしか視えない世界がある

ってことだと

れおっちは思うんです(゚д゚)!

 

 

それって控えめに言って、

めちゃめちゃ価値ありません?!!

 

れおっちはあなただけの

世界観たいもん!!!

興味津々ですもん!!

 

 

どんなことがあって、どんなことを感じて、どんなことを考えるようになったのか。

 

そこにはあなたの中にしかない

「世界」がある。

 

あなただけの「色」があるんです。

 

だから、僕はオンラインサロンにいるときに

「違和感」を感じた。

 

だって、

そこには「一色」しか観えなかったから。

 

ううん。

もしかしたら、

それが今の「アタリマエ」

なのかもしれない。

 

だって、西野さんのオンラインサロン

なんだから。

西野さんの色でいっぱいなのが

むしろ「フツウ」なのかもしれない。

 

でもね、れおっちは少し哀しかったんです。

 

だって、自分の「色」を持ちながら

他の人の「色」に触れることってできる

と思うから。

共存し得ることだと思うから。

 

だから、その光景が少し哀しかった。

 

 

誰が悪い、という話じゃないんです。

 

(西野さん好きです。)

 

きっと、この現象って

「個人」が力を持つ現代において

「アタリマエ」なんだと思う。

 

インフルエンサーの周りには、

そのインフルエンサーの色で染まった人が

集まる。

 

それが「アタリマエ」なのかもしれない。

 

 

れおっちは再び

「夢」を持ちました。

 

「夢」を描きました。

 

 

 

この世界に

色んな色が共存し合う

大きなカタマリを

創りたい、と。

 

 

 

それが、去年の11月頃のお話。

 

れおっちの中に「夢」が描かれた瞬間。

 

 

そして、

それかられおっちは

その「夢」への一歩として

コミュニティを立ち上げました。

 

でも、なかなか思うようにいかない毎日。

 

右も左もわからないし、途方に暮れる日々。

 

 

コミュニティ運営だけでなく、

毎日「想い」を「カタチ」にして

ソトに発信する。

 

そんな矢先、

西野さんにまた救われた。

 

それが「ゴミ人間」だった。

 

f:id:shizhonglingyang:20210124164037j:plain

 

そこに綴られた「想い」を読んで思った。

 

自分なんか「努力」の

「ど」の字にも達していないじゃないか。

西野さんの苦悩に

比べたら、自分なんて

ハナクソ程もないじゃないか。

情けない。頑張ろう。

 

 

そして、オンラインサロンでも

散々目にしてきた、

西野さんの『作品』をこの目に

焼き付けよう。

 

そう思い、次の日早速足を運んだ。

 

 

「えんとつ町のプペル」

 

 

f:id:shizhonglingyang:20210124164001j:plain

 

何度も鑑賞中、涙した。

 

それぞれのキャラクターたちのセリフを聴くたびに

その後ろに「西野さん」の姿が映った。

 

 

まだわからないじゃ

ないか!!!!

誰も見たことないん

だろ??

あるかもわからない

けれど、

ないかもわからない

じゃないか!!!

 

 

 

煙突の煙で覆われた

空の向こうに

「星」がある

かもしれない???

「現実」見ろよ!!

 

 

 

 

誰よりも、

上を見上げ続けた者が

星を観るチャンスを

つかめる。

 

 

 

映画を観終えた時、

れおっちの中で一つ決まったことがあった。

 

 

空を見上げて、

星を探し続けよう。

 

 

 

 

ーーー終わりにーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

毎回毎回、そうなんですが

れおっちの「本紹介」だったり、

「映画紹介」は

みなさんの知る「紹介」とは違うと

思います(;´Д`)

 

というか、

「紹介」してなく

ない???

 

という声すら聞こえてくるようです( *´艸`)

 

たしかに一般的に「紹介」というと、

内容に触れて、物語を追ったり、

登場人物の紹介をしたり、、、

ってな感じが主流ですよね(*´з`)

 

だから、僕のは「オカシイ」と

思うかもしれない。

 

 

でも、そこには果たして

「色」があるのでしょうか??

 

れおっちは、内容やら登場人物やらは

あなたの目で、変な先入観なくフラットな

眼でたしかめてみてほしいのです(*´ω`)

 

 

 

ちなみに、余談ですがツイッターで

プペルの感想兼ねてこんなツイートして

みたんです。

 

 

 

すると!!!!!

 

 

 

何と言うことでしょう\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

西野さん本人に反応してもらえました(笑)

かなり嬉しかったです(笑)

(西野さん好きです。)

 

 

 

今日はこの辺で♪

 

みなさん!!!

 

「ゴミ人間」を読んでから

「えんとつ町のプペル」!!!

オススメです( *´艸`)

 

f:id:shizhonglingyang:20210124163906j:plain

 

(左→れおっちが一生懸命描いたイラスト

( *´艸`))

 

 

↓ れおっちと絡んでみたい方はこちら!

(DM下されば必ずお返事します( *´艸`))

 

 

↓ ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます(*´з`)