「れおっち」のブログ

あなたに「ちいさな刺激」をお届けします。

あなたの何気ない日常に非日常をお届けするブログという名のキッカケ。

れおっち流!!!あなたの表現力がパワーアップする方法。ー言葉をコトバにしてみようー

f:id:shizhonglingyang:20211016112850j:plain



みなさんこんにちは!「れおっち」です(-ω-)/

 

れおっちは今、大学の図書館でカタカタと

パソコンを開きまさに

文章を書き始めたところです。

 

今の今までバイトしてたわけですが

(今日はすた丼)

ホントに最近忙しいんですけど、

何事ですか?!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

緊急事態宣言明けたと思ったら、バイト先が緊急事態になっちゃったようです。

 

#店長店に緊急事態宣言出してくれ

 

 

さて。

 

今日はいったい何について

書き殴ってやろうかしら?

と思っていると、なんとなく

こんなコトバが思い浮かびました。

 

 

「言葉ってオモシロイよなぁ」

 

 

 

ということで、今日は言

葉のオモシロさを解明しつつ

れおっちが普段使っているコトバ、

に隠された秘密を少し暴露してみたいな

と思います(*´з`)

 

結果的にあなたが今後使っていくコトバを

あなたらしいものにしていくヒントを

お届けできたらいいな!

そんな想いで書いてみたいと思います。

 

 

それでは最後まで楽しんでいって下さいな♪

 

 

 

ーーーーーはじまり、はじまりーーーーー

 

 

 

「言葉って

オモシロイな」

 

 

 

そんなコトバが思い浮かんだのはたぶん、

Twitter上でたまたま読んだ

友人のnoteがキッカケだと思う。

 

 

そこでは自分自身の現在地を表現するのに

こんなコトバで表現していた。

 

「たぶん現在の私のレベルをピチュー、ピカチュウ、

ライチュウで表すのなら

ピチューくらいだと思う。」

 

 

 

ナルホド!(笑)

「レベルが低い」ということを

そのまま描写するのではなく、

ポケモンにおける進化のプロセスを

オマージュ的に引用してきて

表現するのか!オモシロイ!!!

 

そんな風に思った。

 

 

この友人に直接聞いたわけじゃないのだけれど、ポケモンのゲームソフトをやってた口

なんだと思う。

 

これは限定的ではあるけれど、

ポケモンゲームをやっていた層には

刺さる言葉の使い方だなあ、と思った。

 

※ちなみにれおっちはどハマりしてました

 

 

どうやら、「言葉」というものはそのままの

形で言葉通りの意味で使えばイイ

ってものでもないらしい。

 

(もちろん、そのまま使うのが一般的でありそれが一番多くの人に届くわけだけれど)

 

 

ここでみなさん、お気づきでしょうか?

 

実はれおっちはずーーーっと、

言葉一つ一つの表現方法にこだわってきた、

ということを。

 

#いや知らねーよ

#いちいちそんなん見ないから

 

 

れおっちがこだわっているのは主に

言葉の「定義」と「表記方法」( ̄▽ ̄)

 

 

 

言葉にはそれぞれ「定義」があるわけで、

それは基本的には辞書に載っているわけ

です。

 

普通はその辞書的な意味をそのまま覚えて、人は言葉を使うわけです。

 

みんなが同じ意味を覚えているからこそ、

言葉は伝わるのであって

それによって円滑なコミュニケーションが

図れる。

 

それがそもそもの言語の本質、というか。

 

言語の存在意義、なわけだから

何も間違っちゃあいないわけです。

 

「正しいか、否か。」じゃないんよね。

 

 

でもみなさん、

よーく考えてみてほしいのです。

 

じゃあ言葉って

誰が造ったものなの

でしょう???

 

 

誰が造っていいもの

なのでしょう???

 

 

 

 

 

答えはシンプル。

 

 

「人」です。

 

 

 

つまり、「ダレカ」が

創ったものであり、

「誰でも」創っていい

ものが

「言葉」なのです。

 

 

 

 

それならば、

れおっちが創ったって

イイじゃないか!!!

 

 

あなたが創ったって

イイじゃないか!!!

 

という話なわけです。

 

 

 

だから、れおっちは自分なりのイミという

ものを結構大切にしていたりします(*´з`)

 

だってそうでもしないと、

言葉に違いが生まれなくてツマラナイ

じゃないか。

※いや見出さなくても、イイんだよ?

でもどうせなら、そこにオモシロさが

あったほうが毎日楽しくなると思う。

 

たとえば、ほら。

 

「旅」と「旅行」の違い、とかね?

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

涙のイミ、とかね?

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

協調性とは、とかね?

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

夢のイミ、とかね??

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

志とは、とかね??

shizhonglingyang.hatenablog.com

 

 

こんな感じの自分なりの「定義」 

(イミづけしたもの)が

ごまんとあるわけでございます。

 

 

そのイミづけは、当然れおっちの

体験や今までからの学びをベースにして

創られたもの。

 

そこには僕の色が塗られていて、

それがまさにコトバになるわけです。

 

 

それが他の人の言うソレとは異なるイミを

持っているが故に時にオモシロく、

時にわかりづらくなるわけです(笑)

 

 

#ごめん、たぶん後者である確率の方が高いよね

#ごめん、ごめん、オモシロイ、ごめん、

くらいのバランス

#許してよ~

#↑のオモシロさに気づいた人好きです、

結婚して下さい

 

まあ、わかりづらいからこそ

僕はそこにコミュニケーションが

必要なんじゃん!!

って思うんですけどねー。うん。

 

あえてコミュニケーションを必要に

していくスタイル!!!

 

 

なんでもかんでも「便利」だったり、

「円滑」だったりが

良いわけじゃないと思うわけです。

 

 

 

まあ、とにかくそんな感じでれおっちは

言葉をコトバに昇華させてたりします、

ってお話が1つ目。

 

 

 

そんんでもって、じゃあどうやって

そういう言葉を自分のコトバにするの?

って話があるわけで。

 

それは色々あるわけだけど、一つシンプル

なのは「表記方法」を変えてみる、

ってことが挙げられるかと思う。

 

 

つまり、「ひらがな」を使うのか。

「漢字」を使うのか。

はたまた「カタカナ」を使うのか。

 

ということ。

 

一般的には現代の日本語の表記方法は

「ひらがな」×「漢字」のスタイルが主流。

 

時折、外来語として「エアコン」だとか

「コンビニ」といった感じで

「カタカナ」を混ぜたりするよね。

 

最近では横文字ばっか使う人いる!!

みたいなことが巷で言われたりする。

 

ちなみにれおっちは横文字ばかり

使ってる人目にすると、

なんか哀しくなってきます(笑)

 

なんて言うんだろう?

多分この人はその言葉の意味は知っているんだろうけど、

たぶん英会話はできないんだろうなあって。

いや、英会話できるのがイイってことが

言いたいんじゃなくて。

なんて言うんですかね、この気持ち。

 

英語をコミュニケーションツールとして

使える人はたぶんやらないし、

逆に日本語の語彙が豊富な人も

たぶんやらない。

 

でも必死に「おれできるんだぜえ?」

っていうイメージを無意識に

相手に抱かせちゃうから、

虚しくなる、、、、

って言うんですかね(笑)

 

 

まあ、どうでもいい話ですが(*´з`)

 

 

で、話を戻すと

この「カタカナ」を別のカタチで

使ってしまおう!ということです。

 

外来語、というのはつまり

普段は使わないような言葉のことなわけで。

 

だとしたら、それを応用して

自分なりの言葉を外来語風にしてみたって

イイじゃないですか!!!(笑)

 

でね、

ここがオモシロイポイントなんだけど、

「漢字」というのは基本的に

その漢字を見た時にある程度の共通認識が

前提にある表記方法じゃね?!

と僕は思うのです。

 

たとえば、

「学校」だとか「図書館」って書けば

この漢字を読める人の頭には

そのイメージが自然と浮かび上がるはず。

 

でも、逆に「ガッコウ」だとか

「トショカン」と書かれると

一瞬「ん??」ってなりませんか?

※この「ん?」大事。

 

一方で「エアコン」とか

「コンビニ」はすんなりイメージできる。

よく使ってる外来語に頭が慣れてるから

イメージと結びつくスピードが速い

ということ。

 

「カタカナ」には前提を必要としない、

という側面から「馴染みが薄い」という

特徴が付随するということ。

 

それも、たくさん使っていくうちに

相手の中にイメージは出来上がっていき

それは段々伝わるコトバになるということ。

 

このことを踏まえて、れおっちは自分なりのイミづけをした言葉に対して

カタカナ表記をしていたりする、

というのが2つ目のお話。

 

 

これを読んでもらったうえで

僕の今までの記事を読んでもらうと

ナルホド!!!

オモシロイ!!!!

ってもしかしたら、今までは

視えていなかった世界に

足を踏み入れるキッカケ

になるかもしれません。

 

#だからたくさんれおっちの記事読んでみてね!(笑)

 

 

 

今回紹介したのは僕のこだわりのほんの

片鱗に過ぎません。

 

ただ、この片鱗に触れることで

あなたにとって小さな刺激となり、

そしてそれがあなたの世界がイイ方向へと

変わるための小さなキッカケになったのなら

れおっちはとても嬉しいです。

 

 

今日はこの辺で♪

 

 

 

↓ ポチッと登録よろしくお願いします♪

記事更新後すぐに通知が行きます!

 

↓ れおっちと絡んでみたい方はこちら!(DM下されば必ずお返事します)

 

↓ 質問箱はこちら!誰でも気軽に

(重くても可!)何でも聞いてくださいな♪

peing.net